Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

食後の血糖値の上昇を抑えるのコーヒーとは|難消化性デキストリン配合・2時間後


引用:ミル総本社公式サイト

食後の血糖値の上昇を抑えるコーヒーとは、ミル総本社のフィットライフコーヒー。

フィットライフコーヒーは、食後の血糖値の上昇を抑えるコーヒーとして特定保健用食品に認められました。

この記事では、フィットライフコーヒーの食後の血糖値を抑える試験結果をご紹介していきたいと思います。

フィットライフコーヒーの食後の血糖値の上昇を抑える試験結果|2時間後

フィットライフコーヒーの試験結果をみてみると、食後から食後2時間後までの血糖値の上昇が抑えられていることが分かります

この試験は、健常男女24名にアンパン2個とフィットライフコーヒーを一緒に摂取したときの食後2時間後までの血糖値の変化を調べた試験とありました。

食後の血糖値の上昇をおさえるには、アンパンともにフィットライフコーヒーを摂取することが大事であることが分かりますね。

食後2時間後の血糖値が気になるときには、フィットライフコーヒーをお試ししてみてはいかがでしょうか?

初回半額フィットライフコーヒーはこちら

フィットライフコーヒーと難消化デキストリン|糖の吸収を抑える

フィットライフコーヒーは、試験結果より食後2時間後までの血糖値の上昇を抑える効果が期待できるコーヒーであることが分かりました。

ではなぜ、フィットライフコーヒーは食後の血糖値の上昇を抑える作用があるのでしょうか?

フィットライフコーヒーが食後の血糖値の上昇を抑える作用は、難消化デキストリンという成分の働きに秘密がありました。

難消化デキストリンとは

難消化デキストリンとは水溶性食物繊維の一種。

フィットライフコーヒーの難消化デキストリンは、トウモロコシ由来の食物繊維なのだそうです。

難消化デキストリンは血糖値対策で人気の成分ですが、難消化デキストリンが血糖値に対してどのような作用があるのかを調べてみると、次のことが分かりました。

難消化デキストリンには小腸での糖の吸収をおだやかにする働きがあるそうです。

ですので、食事とともに難消化デキストリンを摂取すると糖の吸収がおだやかになり、その結果食後の血糖値の上昇もおだやかになるとのことでした。

フィットライフコーヒーはおすすめなの?

フィットライフコーヒーは、難消化デキストリンの働きで食後の血糖値の上昇を抑えるコーヒーであることが分かりましたね。

試験結果では、食後2時間後までの血糖値の上昇が抑えられていることも分かりました。

フィットライフコーヒーはその機能性と安全性が国に認められたトクホ。

また、日本人間ドック健診協会推薦の食後の血糖値対策用のトクホでもありました。

「フィットライフコーヒーの口コミは良いの?」

フィットライフコーヒーの口コミが気になりますよね。

フィットライフコーヒーの口コミには、「とっても飲みやすい」「継続しやすい」という感想が多くありました。

 

「食後の血糖値対策を始めたい…。」

「食後2時間後の血糖値が気になる…」

 

このようなお悩みがあるときには、難消化デキストリン配合のフィットライフコーヒーがおすすめです。

フィットライフコーヒーの口コミ共通点とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする